【高千穂】高千穂神社へお参り!鎮石と要石?

IMG_6691.jpg

辿りつきました!高千穂神社です!

【ご祭神】
 一之御殿:高千穂皇神(たかちほすめがみ)
 二之御殿:十社大明神

約1900年前の垂仁天皇時代に創建されました。
高千穂郷八十八社の総社で、神社本殿と所蔵品の鉄造狛犬一対は
国の重要文化財に指定されています。
主祭神は高千穂皇神と十社大明神で、特に農産業・厄祓・縁結びの神をして
広く信仰を集めています。高千穂皇神は日向三代と配偶神の総称です。
(観光協会HPより)

【観光用の神楽】
なんと、境内の神楽殿で、毎晩、33番の中から
「手力雄(たぢからお)」・「鈿女(うずめ)」・「戸取(ととり)」・「御神体(ごしんたい)」の4つが実演されています!
もちろん鑑賞しますv(^ ^)v
IMG_6700.jpg

『高千穂宮の鎮石(案内板より)
第11第垂仁天皇の勅命により、我国で初めて伊勢神宮と当高千穂宮が創建された際、用いられた鎮石と伝えられます。尚住古関東鹿島神宮御社殿造堂の際、高千穂宮より鎮石が贈られ同宮神域に要石として現存します。』
なんと!!なんと!!
前日巡った東国三社巡りで参拝してきた鹿島神宮の”要石”が、ココからの贈り物だったとは!!
ずいぶん昔に、あんな遠くの土地にまで、繋がりがあったことが、なんだか嬉しくなりますね(^o^)
大きな役目を込めて、鹿島に贈られたのでしょうね!
IMG_6701.jpg




この記事へのコメント